こんにちは、加藤です。

今日は店舗仕入れの注意点をお話しします。

あなたは仕入れの際に、ツールを使用していますか?
まぁ、大抵の方は使用しているかと思います。


私はiPhoneアプリの「せどりすと」を使用しています。
これは便利なので、使っていない方は是非導入してみてください!

でですね、不幸というのは突然やってくるもので。

私がガンガン順調に仕入れを行っていたら、
急にせどりすとが落ちてしまい、その後立ち上がらなくなってしまいました。

これは絶望的な状態です。。

信用していた友人にここぞという場面で裏切られる、
そんな状態です。

ここでもし、せどりすとしか無かったら、諦めるしかないですよね。
それはかなり勿体ないので、
そのような時に備えて他の物も準備しておくべきです。

いわゆる、”リスクヘッジ”ですね。

1つの物に全てを頼るのではなく
もしもの場合に備えて、別の物も用意しておけば
今回のように急に使えなくなった時に
仕入れが出来なくなってしまう、という恐れが無くなります。

そういった時に備えて、別の物も準備しておく必要があります。

他にもいろいろなツールがありますが、
1番必要なのは、バーコードリーダーですね!

これさえあれば、どうにでもなります。

あとは、直接Amashowのページにデータを読み込ませていけば
問題なくリサーチすることができますからね!

まぁ、バーコードリーダーが無くても問題はありませんが、
効率を考えると有った方が断然いいです。

これがあれば、たとえツールが使えなくなっても
問題なく仕入れを行うことが可能です。

どうしても購入する余裕が無いという方は
最悪手入力でも問題ないですが、
効率を考えると、圧倒的に持っておいたほうがお得ですよ!

ということで、バーコードリーダーを導入していない方は
ぜひ検討してみて下さい。